メニュー
マイヤー 電子レンジ圧力鍋 2.3リットル

マイヤー 電子レンジ圧力鍋 2.3リットル

品番: ohM9w-671769

素早く誰でも簡単に電子レンジで調理できる圧力鍋 少量でも気軽に調理できるところも魅力 ●SHOPオリジナルセット 【内容】 ・本体、ふた、安全弁(スペア)、レシピ集(兼取扱説明書)、レシピブック×2 <マイヤー>より、電子レンジで加熱するだけの圧力鍋のご紹介です。当ブランドの従来の金属製圧力鍋よりは...

6,600円  4,990円割引: 24%OFF

アイテム説明

素早く誰でも簡単に電子レンジで調理できる圧力鍋 少量でも気軽に調理できるところも魅力

●SHOPオリジナルセット
【内容】
・本体、ふた、安全弁(スペア)、レシピ集(兼取扱説明書)、レシピブック×2
<マイヤー>より、電子レンジで加熱するだけの圧力鍋のご紹介です。当ブランドの従来の金属製圧力鍋よりはるかに軽量・コンパクトで、使い方もお手入れも簡単です。
少しの量でも気軽に調理ができ、使いやすくてスタイリッシュなシンプルデザインです。
レシピは合計60品(基本レシピ20品+イタリアンレシピ20品+川上文代氏監修レシピ20品)。
■素早く誰でも簡単調理:
圧力鍋に材料を入れて電子レンジで加熱するだけ。誰でも簡単に調理ができます。
忙しい時もレンジで素早く調理ができ、調理している間に他の家事ができるので、時間を有効に使えます。
レンジ調理だから火を使わず加熱ができ、子どもにも料理の楽しさを実感してもらえそう。
お米は二合まで炊飯できます(詳細はレシピ参照)。
■構造:
鍋本体は、お釜のような底辺部を丸くした形状。
見やすい白いピンとフタ中央の圧力表示ボタンが上がり、加圧状態であることを示します。
安全装置として、圧力調整弁と安全弁、さらに圧力調整弁の目つまり防止用にメッシュがついています。
【材質】
・本体、ふた、圧力表示ボタン、ピン、メッシュ、カバー:ポリプロピレン
・パッキン、圧力調整弁、安全弁、キャップ、メッシュパッキン:シリコンゴム
【サイズ】
・本体:約幅26×奥行22×高さ14cm※高さは蓋を含む
約内径18.7×深さ10cm
底の厚さ=約4mm
【重さ】
・約763g(ふたを含む)
【容量】
・満水容量:約2.3リットル
・最大調理量:約1.5リットル
【耐熱(冷)温度・温度差】
・耐熱温度:140℃
・耐冷温度:−10℃
【使用可能 熱/冷源】
・ガス:不可、電磁(IH)調理器:不可、電熱調理器:不可、ハロゲン調理器:不可、電子レンジ:可、オーブン:不可、冷蔵:可、冷凍:不可
【商品仕様詳細】
<対応電子レンジ>
・庫内容量:16リットル以上
・フラットテーブル上の空間寸法:約縦30×横30×高さ20cm以上
・回転テーブル上の空間寸法:約縦27×横27×高さ17cm以上
・回転テーブル直径:約27cm以上
【メンテナンス】
・食器洗い機:不可、食器乾燥機:不可
※詳細は取扱説明書参照
・ふたから圧力表示ボタンを取り外して安全装置内部を洗う。
・ふたはパッキンを取り外して、台所用中性洗剤を含ませた柔らかいスポンジなどで表面をよく洗い、水を拭き取る。なお、パッキンは1年に1回交換することをおすすめ。
・ふたから外したカバー、圧力表示ボタン、圧力調整弁、安全弁、メッシュ、およびパッキン2個・キャップは汚れや調理カスが詰まらないよう、台所用中性洗剤を含ませた柔らかいスポンジなどで洗いきれいに保ち、全て乾燥してから組み立てる。
・メッシュは、ぬるま湯に15分程度浸けて乾燥した調理カスを柔らかくして取り除いた後、水道水ですすいでメッシュの穴に詰まりのないことを確認する。
・本体は、冷めてから台所用中性洗剤を含ませた柔らかいスポンジなどでよく洗い、水分を拭き取る。
・カレーなどにおいのきつい料理では、においが本体やふたに移ることがある。水に食酢を適量加えてしばらく置いた後に台所用中性洗剤を含ませたスポンジで洗うと、においを軽減することができる。
・食材によっては本体の樹脂に色移りする場合があるので、使用後すぐに柔らかいスポンジに台所用中性洗剤をつけてよく洗い乾燥させてから保管する。
・漂白剤を使用して本体を洗わない。
・傷が付くので金属たわしやクレンザー、磨き粉などを使用しない。
・料理が焦げ付いた場合は、本体を台所用中性洗剤の入ったぬるま湯に浸してから柔らかいスポンジで洗う。汚れがひどい場合でも必ず研磨剤の入っていない洗剤を使用する。
【使用上の注意】
※詳細は取扱説明書参照
・本体の中に料理を保存しない。
・揚げ物料理には使用しない。
・ストーブの上で使用しない。
・本体に3分の2(ただし、豆類にあっては3分の1)以上の内容物を入れて使用しない。
・重曹や多量の油を使用する料理に使用しない。
・使用中または使用後は無理にふたを開けない。
・火のそばに置かない。
・製品の表面にラインのような模様が見えることがあるが、品質上問題はない。
・調理直後に上がっている圧力表示ボタンを押したり、ピンを指で押さない。
・電子レンジの「自動メニュー」や「自動温め」などの機能を使用しない。
・アルミホイルやスプーンなどの金属製品を入れたまま電子レンジに入れない。
・圧力調整弁は、汚れや詰まり、よじれがないことを確認して所定の位置にしっかりと取り付ける。
・本来の目的以外の用途には使用しない。
・調理後、ふた開ける時は、安定した平らなテーブルの上で、必ず圧力表示ボタンとピンが下がったことを確認してから、身体の反対側を持ち上げるように開ける。
・加圧時間終了後、しばらく電子レンジの庫内に置いて蒸気の噴き出しが収まってから、鍋つかみやミトンを使って取り出す。
・5分経過しても圧力表示ボタンおよびピンが下がらない場合は、ふたに水道水を徐々に掛けながら鍋を冷却する。鍋を冷却しても下がらない場合は、料理カスの付着による引っ掛かりが考えられる。その際は蒸気の噴き出しに注意してピンをスプーンなどで押して内圧を下げる。
・電子レンジに入れたままでふたを開けない。
・ピンは絶対に取り外さない。
・加圧調理中や直後は、お子様が操作したりそばに近づけたりしないよう注意する。
・本体は電子レンジの庫内中央に置く。
・水分の入っていない状態や空の状態で電子レンジに入れない。必ず正しい分量の食材と煮汁(水)を入れる。
・最大調理量以上の食材を入れない。
・内圧が上がると、ふたのピンおよび圧力表示ボタンが上がり始め、完全に内圧が上がると、圧力調整弁から少しずつ圧力が放出される。これは、余分な蒸気を逃がすための通常な動作であり、シュッシュッという音が聞こえるが、異常ではない。
・金属製のおたまやへらは使用しない。
・卵を調理する時は必ず割りほぐしてから加熱する。
・殻や膜が付いている食材は必ず切れ目や穴をあける。
・最低15ml以上の煮汁(水)を入れて調理し、調理時間を延長する場合は水を足す。
【同梱書類】
・取扱説明書(レシピ集兼用)
【保証(有無)、保証期間】
・なし
【原産国(地)】
・インド製
※ピンク:パッケージには「ローズ」の記載あり